CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

CATEGORIES

archives

虚空住所

住所
〒649-2211
和歌山県白浜町2998-32
TEL : 0739-43-7560
地図羅

バナー

2012.11.04 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2011.10.13 Thursday

    改装物語2

    0
      私たちがこの白浜に越してきたのはちょうど10年前です。来た時は、電気も水もガスもありませんでした。
      引越しの手伝いで「もくれん」の友達の「大江さん」(以後マダム)・・・・一見上品な奥様、マダムとはいえ「ワイルド」ドンと来いの頼もしい奥様です。・・・ がおよそ10日ほども来てくれました。
      朝起きて、近くの公衆露天風呂「崎の湯」に行きます、そこで洗面、トイレ(大)を済ませ、ポリタンクに水を汲んできます。そして食事の用意。電気はまだ来ていませんから電気釜は使えません。館内を探して歩くと、宴会で使った小さなガスボンベが見つかりました。(この建物は以前会員制のホテルでした)まだ中身の残っているものを数本集めとりあえず炊事は出来そうです。食料は近所のスーパーで調達しますが、冷蔵庫が使えないため、買いだめは出来ません。
      食事が済むと、荷物の整理です。自分たちが持ってきた荷物のほかに、このホテルにおいてあった荷物が5〜6倍あります。

      村長は、電気、水道、ガス、電話、の手配。電気は以前のままでは、6、600Vでトランスを介して100,200V になるので、ランニング、コストがかかると計算し、100,200Vを別個に引き込んでもらうことにしました。引き込み後の配線工事は自分でやる事で、電気屋さんと交渉したら、喜んで了承し「また何か判らない事、困ったことがあったら協力するよ」と言ってくれました。以後この電気屋さんとは、友達です。

      水道も100ミリの大口径でしたが、これではやはり基本料金がかかりすぎるため、25ミリにしてもらうことにしました。また水道は一度屋上に貯めるキュウビクル・タイプでしたが、このキュウビクル内にゴミや時には動物の屍骸が入っている事があるというニュースを見たことがあり、キュウビクルを解体することにしました。案の定中は、ゴミと、虫、鳥の死体がありました。そういうわけで水道の配管も自分でやり直しました。
      ガスは、何処を台所にするか定まるまで、20キロのプロパン瓶を入れてもらうこととしました。

      これらが整う間、夜は、懐中電灯と、ローソクで、まるでキャンプ生活でした。男の「村長」は、嬉々として喜んでいましたが、女性の、「もくれん」も「マダム」も、めったに出来ない体験だからと、楽しみながら日々整理してくれました。困難を共に乗り越えた「もくれん」と「マダム」は、以前にもまして無二の親友になれたことはいうまでもありません。

      2012.11.04 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする